やって良かった!リフォームと借り換え

築15年の我が家の一戸建てをリフォームしました。

ほぼ総入れ替えと言っても過言ではないくらいのリフォームでしたが、その中でもやって良かった!と思った部分と
その際組んだ住宅ローンについての紹介をしたいと思います。

まずは、リフォームして良かったと思った場所の紹介です!
・二重サッシ
15年前の技術と法律でしたので、とにかく断熱性が低く、冬の朝は結露との戦いでした。
そこで最初のサッシの内側にもう一枚サッシを作った結果、ほぼ結露なし、冷暖房の効率も上がったと感じられました。また、意外と防音性が高まるという嬉しい副作用が付きました。一つだけ難点があるとすれば、二重なので窓を開ける手間が二倍ということくらいでしょうか。

・バスタブ交換
新築当時と現在のバスタブの進化も大切ですが、もっと大切なのがバスタブのサイズです。
当時メインで流通していた120cmバスタブでしたが、欠点は足を十分に伸ばしてお風呂に入れないことでした。
大抵、サイズが書いてある場合は「外法」の寸法です。
足を伸ばしてお風呂に入りたいなら、「内法で120cm」がほぼ必須です。

・窓の電動シャッター
毎朝毎晩の雨戸の開閉がないというのはこんなにも快適だとは思いませんでした。時間設定をしておけば、普段スイッチを触る手間もありません。
一番大きな窓につけましたが、他の窓も全部やっておけば良かったと後悔しています。

続いて、住宅ローンの紹介です!
15年払い続けてきた住宅ローンですが、借りた時の金利と今の金利を比較してびっくり大幅に下がっていました(当時は安かったのですが。。。)
リフォームを機会に住宅ローンの借換えを行いました。
そして、またびっくり!借り換えを行ったことにより、リフォームにかかった金額分程度、ローンの残高が下がりました!

リフォームは手間も費用もかかるものですが、新築当時にはなかった技術を古い家にいながら取り入れられる素敵な機会です。
古いから取り替えるだけではなく、「これができたら楽なのに」の視点からもリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。
そして、マイナス金利となった今、住宅ローンの借り換えをしてみてはいかがでしょうか?

<広告>
MY2-Link相互リンク募集中オーディオseoリンク女性の人生驚愕頭部童話集相互リンク全身脱毛どこがいい相互リンクダイレクトショッピングカート設置SEOページランク別相互リンク集工務店向け集客ノウハウ貯蓄